TOPへ

スタッフの想い(川畑 正博)

入社:H19年2月
八戸工業高校 電子科卒
趣味:登山、健康ランド、サウナ

入社までの経緯

入社する前は、 4年間機械メーカーで技術職として働いていました。
転職のきっかけは、職場が近いということと、新しい職種で挑戦してみたいという思いがあったからです。
全く畑違いの業界からの転職で、最初は不安や戸惑うことがたくさんありました。
特に、入社してから今まで住宅の解体現場の工事と現場管理を行なってきましたが、それまで職人さんと接する機会は全くと言っていいほどなかったので、最初のうちは独特の文化や習慣に溶け込むのに苦労した時期もありました。
しかし、自分から飲みに誘ったり仕事を教えてもらうことで打ち解けていきましたし、普段大手企業からの発注が多いこともあり、皆マナーも挨拶もしっかりしていてこの業界のイメージが変わりました。
一番の思い出は、入社半年で始めて自分の現場というものを任せてもらったときのことです。
経験も少ない自分に任せてもらえることへの嬉しさと不安が入り混じった中で、試行錯誤しながらなんとか1棟の現場を完工させた時は、達成感と感動は今でも覚えています。
業者とのやり取りから現場管理、職人さんの教育まで 全て自分でやらなくてはいけないので大変ですが、とてもやりがいのある仕事だと思います。

私の仕事内容とお客様への思い

[解体施工]
個々の現場の進捗状況を毎日把握し、作業員との意見交換をしながら、現場の安全確保や作業効率の向上を考えています。より多くコミュニケーションを取ることで現場をスムーズに進むように心がけています。

これからの私・会社のこれから

これだけの建設不況にも関わらず、弊社の大手ハウスメーカーからの発注件数は年々増えています。
それは、弊社がお客様にとって満足のいく工事ができていることの証明だと思っていますし、それが現場社員のモチベーションアップにも繋がっているのだと思います。
今後も、大手ハウスメーカーにとっての一業者としてではなく、確固たるビジネスパートナーとして業界をリードしていけるような会社にしていきたいですね。